住宅チェック
ホーム > 住宅チェック

住宅チェック

塗料の役目

塗料には建物の見栄えをよくする【美観】という役割以外にもうひとつ建物の【保護】という重要な役割があります。建物の構造体には自らを保護する機能は十分に備わっておらず、木材・ボード・モルタル等はそのままでは雨水や汚染物質を避けることはできません。塗料の重要な役割は構造体を雨水や汚染物質・紫外線などから守ることです。

塗り替えることにより建物の現状に合わせた【塗膜】を再生して構造体の保護をし、また【美観】も向上します。結果的に家屋の修繕費の節減にもつながります。
塗り替えのサイン
建物は劣化が進行するにつれいろいろなサインを発信しています。
それらのサインを見極めることができれば最も効率的に塗り替えを行うことができます。以下に代表的な劣化症状を挙げてみます。こんな症状を見つけたら塗り替えの時期が迫っているかも知れません。
クラック(ひび割れ)
コンクリート壁やモルタル壁では新築後数年でひびが入ります。放置しておくと、それ自体が雨水の浸入経路となり漏水や塗面の剥離につながります。
チョーキング(白亜化)
塗膜が紫外線や酸性雨などに曝されつづけると表面は劣化して粉状になり、水をはじくことができず、防水効果が切れて雨水が浸み込むようになります。
苔・藻・カビの発生
苔や藻が生えるということは塗膜が劣化し水分を含みやすくなっている状態であるといえます。写真のような状態の場合、すでに水分が浸入している可能性があります。
塗膜の浮き・剥離
塗膜のはがれの原因は、壁の内部に浸入した水分が飽和し、表面の塗膜を内部から押し出した結果です。原因として、雨漏れや施工不良などが上げられます。
木部の痛み
木部は塗膜が最も劣化しやすい箇所です。木材は常に水分の放出と吸収を繰り返していますが、塗膜はその通り道をふさいでしまうので劣化も早いのです。はがれると塗っても跡が残ってしまうので、その前に塗り替えましょう。
鉄骨の錆・剥離
建物にとって最も早く対処しなければならないのがさびです。さびは進行がとても早く、放っておくと最後には朽ちて原型を留めなくなってしまうからです。さびを見つけたらその部分だけでもさび落とし、さび止め、上塗りを行うと格段に長持ちさせることができます。
色あせ
風雨・直射日光などの影響で塗料が劣化し、表面がざらつき割れやすくなったり、雨水が染み込んだりします。
 Information
株式会社かるべ
埼玉県川口市末広1丁目8-2
フリーダイヤル:0120-531212
TEL:048-223-8786
FAX:048-223-8753
営業時間/10:00~18:00
定休日/日曜日



東京23区
埼玉県 川口市・鳩ヶ谷市・戸田市・蕨市・越谷市・草加市・春日部市・さいたま市・和光市・三郷市・八潮市・松伏町・宮代町・蓮田市・白岡町・伊奈町・上尾市・桶川市・川越市・ふじみ野市・志木市・朝霞市・新座市・三芳町・所沢市・富士見市・北本市

ページ上部へ